ボリュームの作成

ボリュームを作成してアプリケーション固有のワークロードにストレージ容量を追加し、作成したボリュームが特定のホストまたはホスト クラスタに認識されるように設定します。さらに、ボリューム作成手順では、作成する各ボリュームに特定の量の容量を割り当てることもできます。

タスク概要

ほとんどのアプリケーション タイプでは、ユーザが定義したボリューム構成がデフォルトで適用されます。一部のアプリケーション タイプでは、ボリューム作成時に自動で構成方法が適用されるものもあります。たとえば、Microsoft Exchangeアプリケーション用のボリュームを作成する場合は、必要なメールボックスの数、メールボックスに必要とされる平均容量、およびデータベースのコピーをいくつ作成するかについて設定します。System Managerでは、この情報に基づいてボリュームの構成を最適化します。この構成は、必要に応じて編集することもできます。

ボリュームを作成するプロセスは複数の手順で構成されます。

注: ボリュームをミラーリングする場合は、ミラーリングするボリュームを作成してから、[ストレージ] > [ボリューム] > [コピー サービス] > [ボリュームの非同期ミラーリング]オプションを使用します。