ホストにボリュームを割り当てます

I/O処理に使用できるように、ボリュームをホストまたはホスト クラスタに割り当てる必要があります。これにより、ストレージ アレイ内の1つ以上のボリュームへのアクセスがホストまたはホスト クラスタに許可されます。

開始する前に

ホストにボリュームを割り当てる際は、次のガイドラインに注意してください。

次の場合、ボリュームの割り当ては失敗します。
  • すべてのボリュームが割り当てられている。
  • ボリュームがすでに別のホストまたはホスト クラスタに割り当てられている。
次の場合、ボリュームを割り当てることはできません。
  • 有効なホストまたはホスト クラスタが存在しない。
  • ホスト ポート識別子がホストに対して定義されていない。
  • すべてのボリューム割り当てが定義済みである。

タスク概要

このタスクでは、未割り当てのボリュームはすべて表示されますが、ホストが Data Assurance ( DA )対応かどうかで処理は次のように異なります。

  • DA対応ホストの場合は、DA有効、DA無効のどちらのボリュームでも選択できます。
  • DA対応でないホストでDAが有効なボリュームを選択した場合、ボリュームをホストに割り当てる前にボリュームのDAを自動的に無効にする必要があるという警告が表示されます。

手順

  1. [ストレージ] > [ホスト]を選択します。
  2. ボリュームを割り当てるホストまたはホスト クラスタを選択して、[ボリュームの割り当て]をクリックします。
    ダイアログ ボックスに割り当て可能なすべてのボリュームのリストが表示されます。任意の列を並べ替えるか、[フィルタ]ボックスに入力すると、特定のボリュームを簡単に検索できます。
  3. 割り当てるボリュームごとに横にあるチェック ボックスを選択するか、テーブル ヘッダーにあるチェック ボックスを選択してすべてのボリュームを選択します。
  4. [割り当て]をクリックして処理を実行します。

タスクの結果

ホストまたはホスト クラスタへのボリュームの割り当てが完了すると、次の処理が行われます。

  • 割り当てられたボリュームに次に使用可能なLUN番号が受信されます。ホストはこのLUN番号を使用してボリュームにアクセスします。
  • ホストに関連付けられているボリュームの一覧にユーザが指定したボリューム名が表示されます。該当する場合、ホストに関連付けられているボリュームの一覧には、工場出荷時に設定されたアクセス ボリュームも表示されます。