手順2:Snapshot整合性グループ用の容量をリザーブする

Snapshot整合性グループにリザーブ容量を関連付けます。Snapshot整合性グループのプロパティに基づいて、System Managerから推奨されるボリュームと容量が提示されます。推奨されるリザーブ容量の設定をそのまま使用することも、割り当てられたストレージをカスタマイズすることもできます。

タスク概要

[容量のリザーブ]ダイアログ ボックスの[ボリューム候補]の表には、指定したリザーブ容量をサポートするボリュームだけが候補として表示されます。リザーブ容量は、コピー サービス処理やストレージ オブジェクトに使用される物理割り当て容量です。ホストから直接読み取ることはできません。

手順

  1. スピン ボックスを使用して、Snapshot整合性グループのリザーブ容量を割り当てます。次のいずれかを実行します。
    • デフォルト設定を使用する。

      各メンバー ボリュームのリザーブ容量を割り当てる推奨されるオプションであり、デフォルトの設定でリザーブ容量を割り当てます。

    • データ ストレージのニーズに合わせて独自の設定でリザーブ容量を割り当てる。
      次のガイドラインに従ってリザーブ容量を割り当てます。
      • リザーブ容量のデフォルトの設定はベース ボリュームの容量の40%です。通常はこの容量で十分です。
      • 必要な容量は、ボリュームに対するI/O書き込みの頻度とサイズ、およびSnapshotイメージを収集する数と期間によって異なります。
  2. (オプション)リザーブ容量のデフォルトの設定を変更した場合は、[候補を更新]をクリックします。これにより、候補のリストが指定したリザーブ容量を反映して更新されます。
  3. [次へ]をクリックし、手順3:設定を編集するに進みます。