アラートの仕組み

アラートは、ストレージ アレイ上で発生した重要なイベントについて管理者に通知するもので、 Eメール、SNMPトラップ、syslogを通じて送信できます。

アラート プロセスは次のように機能します。
  1. 管理者がSystem Managerで、次のうち1つ以上のアラート方法を設定します。
    • E メール – メッセージがEメール アドレスに送信されます。
    • SNMP – SNMPトラップがSNMPサーバに送信されます。
    • syslog – メッセージがsyslogサーバに送信されます。
  2. ストレージ アレイのイベント モニタが問題を検出すると、その問題に関する情報がイベント ログ([サポート] > [イベント ログ])に書き込まれます。これには、バッテリの障害、最適からオフラインへのコンポーネントの状態の変化、コントローラの冗長性の問題などが含まれます。
  3. イベントが「アラート対象」であると判断した場合、イベント モニタは設定されているアラート方法(Eメール、SNMP、syslog)を使用して通知を送信します。重大イベントはすべて「アラート対象」とみなされるほか、一部の警告イベントと情報イベントも「アラート対象」とみなされます。

アラートの設定

アラートは、初期セットアップ ウィザード(Eメール アラートのみ)または[アラート]ページから設定できます。現在の設定を確認するには、[設定] > [アラート]に移動します。

[アラート]タイルには、次のいずれかのアラート設定が表示されます。

  • 未設定
  • 設定:少なくとも1つのアラート方法が設定されています。どのアラート方法が設定されているかを確認するには、カーソルでタイルをポイントします。

アラート情報

アラートには次の種類の情報を含めることができます。

  • ストレージ アレイの名前
  • イベント ログ エントリに関連するイベント エラー タイプ
  • イベントが発生した日時
  • イベントの簡単な説明
注: syslogアラートはRFC 3164のメッセージ標準に準拠します。