ホット スペア ドライブとは何ですか?

ホット スペアは、RAID 1、RAID 5、またはRAID 6のボリューム グループにおいてスタンバイ ドライブとして機能します。問題なく動作するドライブですが、データは格納されていません。ボリューム グループ内のドライブで障害が発生すると、障害が発生したドライブのデータがホット スペアに自動的に再構築されます。

ストレージ アレイ内のドライブで障害が発生した場合、障害が発生したドライブからホット スペア ドライブに自動的に切り替わります。物理的にドライブを交換する必要はありません。ドライブ障害の発生時にホット スペア ドライブが使用可能であれば、冗長性データを使用して障害が発生したドライブからホット スペア ドライブにデータが再構築されます。

ホット スペア ドライブは、特定のボリューム グループ専用ではありません。容量が同等以下であれば、ストレージ アレイ内で障害が発生したどのドライブにも使用できます。ホット スペア ドライブのメディア タイプ(HDDまたはSSD)は、保護対象のドライブと同じである必要があります。

注: ホット スペア ドライブはプールではサポートされません。プールでは、ホット スペア ドライブの代わりに、プールを構成する各ドライブ内の予約済み容量を使用します。