読み取り不能セクターのデータにはどのような情報が表示されますか?

ストレージ アレイのドライブで検出された読み取り不能セクターに関する詳細なデータを表示することができます。

読み取り不能セクターのログでは、最後に検出された読み取り不能セクターが最初に表示されます。ログには、読み取り不能セクターを含んでいるボリュームに関する次の情報が記録されます。各フィールドはソートできます。

フィールド 説明
影響を受けるボリューム ボリュームのラベルが表示されます。見つからないボリュームに読み取り不能セクターが含まれている場合は、ボリュームのWorld Wide IDが表示されます。
論理ユニット番号(LUN) ボリュームのLUNが表示されます。ボリュームにLUNがない場合は、「NA」と表示されます。
割り当て先 ボリュームにアクセスできるホストまたはホスト クラスタが表示されます。ホスト、ホスト クラスタ、あるいはデフォルト クラスタからボリュームにアクセスできない場合は、「NA」と表示されます。

読み取り不能セクターに関するその他の情報を表示するには、ボリュームの横にあるプラス(+)記号をクリックします。

フィールド 説明
日付 / 時刻 読み取り不能セクターが検出された日付と時刻が表示されます。
ボリュームの論理 ブロック アドレス ボリュームの論理ブロック アドレス(LBA)が表示されます。
ドライブの場所 ドライブ シェルフ、ドロワー(ドライブ シェルフにドロワーが搭載されている場合)、およびベイの場所が表示されます。
ドライブの論理 ブロック アドレス ドライブのLBAが表示されます。
障害タイプ 次のいずれかの障害タイプが表示されます。
  • 物理 - 物理的なメディア エラー。
  • 論理 - ストライプ内のどこかで発生した読み取りエラーが原因でデータが読み取り不能になっている場合。たとえば、ボリューム内のどこかで発生したメディア エラーに起因する読み取り不能セクターなど。
  • 不整合 - 整合性がない冗長性データ。
  • Data Assurance - Data Assuranceエラー。