同期ミラーリングを使用するための要件

同期ミラーリングを使用する場合は、次の要件に注意してください。

SANtricity Unified Manager

2つのアレイ間のミラーリングを有効にして設定するには、Unified Managerインターフェイスを使用する必要があります。Unified Managerは、Web Services Proxyとともにホスト システムにインストールされます。

ストレージ アレイ

注: EF300 の場合EF600 または EF600 ストレージアレイではミラーリングを使用できません。
  • 2つのストレージ アレイが必要です。
  • 各ストレージ アレイに2台のコントローラが必要です。
  • Unified Managerで2つのストレージ アレイが検出されている必要があります。
  • プライマリ アレイとセカンダリ アレイ内の各コントローラにイーサネット管理ポートが設定されていて、各コントローラがネットワークに接続されている必要があります。
  • ストレージ アレイに必要なファームウェアの最小バージョンは7.84です(ストレージ アレイごとに異なるバージョンのOSを実行できます)。
  • ローカルとリモートのストレージ アレイのパスワードを確認しておく必要があります。
  • リモート ストレージ アレイにセカンダリ ボリュームを作成するための十分な空き容量(ミラーリングするプライマリ ボリュームと同等以上)が必要です。
  • ローカルとリモートのストレージ アレイをFibre Channelファブリックを介して接続します。

サポートされる接続

同期ミラーリング機能の通信は、Fibre Channel(FC)ホスト ポートを搭載したコントローラでのみサポートされます。

同期ミラーリングでは、ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイの両方にある各コントローラの最も大きい番号のホスト ポートが使用されます。通常、コントローラのホスト バス アダプタ(HBA)ホスト ポート4は、データ送信のミラーリング用に予約されます。

ミラー ボリュームの候補

  • 同期ミラー ペアのプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームでは、RAIDレベル、キャッシング パラメータ、およびセグメント サイズが異なる場合があります。
  • 同期ミラー ペアのプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームは、標準ボリュームである必要があります。シン ボリュームやSnapshotボリュームは使用できません。
  • セカンダリ ボリュームには、プライマリ ボリュームと同等以上のサイズが必要です。
  • Snapshotを関連付けることができるのはプライマリ ボリュームのみです。また、ボリューム コピー処理のソース ボリュームまたはターゲット ボリュームとして使用できるのもプライマリ ボリュームのみです。
  • ボリュームに設定できるミラー関係は1つだけです。
  • 特定のストレージ アレイでサポートされるボリュームの数には制限があります。お使いのストレージ アレイに設定されているボリュームの数がサポートされている制限よりも少ないことを確認してください。同期ミラーリングがアクティブな場合は、作成済みの2個のリザーブ容量ボリュームがボリュームの制限に含まれます。

リザーブ容量

  • コントローラのリセットおよびその他の一時的な中断からリカバリするための書き込み情報をログに記録するには、プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームにリザーブ容量が必要です。
  • 同期ミラーリングがアクティブ化されると、リザーブ容量ボリュームが自動的に作成されます。ミラー ペアのプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームにはリザーブ容量が必要であるため、同期ミラー関係にある両方のストレージ アレイに十分な空き容量が確保されていることを確認してください。

ドライブ セキュリティ機能

  • セキュリティ対応ドライブを使用する場合、プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームのセキュリティ設定に互換性がある必要があります。この制限は強制的には適用されないため、自分で確認する必要があります。
  • セキュリティ対応ドライブを使用する場合、プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームで同じタイプのドライブを使用する必要があります。この制限は強制的には適用されないため、自分で確認する必要があります。
    • プライマリ ボリュームでFull Disk Encryption(FDE)ドライブを使用する場合、セカンダリ ボリュームでもFDEドライブを使用する必要があります。
    • プライマリ ボリュームで連邦情報処理標準(FIPS)140-2準拠ドライブを使用する場合、セカンダリ ボリュームでもFIPS 140-2準拠ドライブを使用する必要があります。
  • Data Assurance(DA)を使用する場合、プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームでDA設定を同じにする必要があります。