コントローラ ソフトウェアとファームウェアのアクティブ化

アップグレード ファイルはただちにアクティブ化することも、都合のいいタイミングでアクティブ化することもできます。

タスク概要

アップグレード ファイルは、アクティブ化せずにダウンロードおよび転送できます。あとでアクティブ化する理由は次のとおりです。

転送後にアクティブ化されていないソフトウェアまたはファームウェアがある場合は、System Managerホーム ページの[通知]領域および[アップグレード センター]ページに通知が表示されます。

注意: 一度開始したアクティブ化プロセスは停止できません。

手順

  1. [サポート] > [アップグレード センター]を選択します。
  2. [SANtricity OS ソフトウェアのアップグレード]領域で、[アクティブ化]をクリックし、処理を確定します。
    アップグレード前の健常性チェックの段階で処理をキャンセルすることはできますが、アクティブ化の実行中はキャンセルできません。

    アップグレード前の健常性チェックが開始されます。アップグレード前の健常性チェックにパスすると、アップグレード処理はファイルのアクティブ化に進みます。アップグレード前の健常性チェックにパスしなかった場合は、Recovery Guruを使用するか、テクニカル サポートに問い合わせて問題を解決してください。一部 の種類の条件については、 Allow Upgrade チェックボックスをオンにしてエラーが発生しても、テクニカルサポートからアップグレードを続行するようアドバイスされる場合があります。

    アップグレード前の健全性チェックが正常に完了すると、アクティブ化が実行されます。アクティブ化にかかる時間は、ストレージ アレイの構成とアクティブ化しているコンポーネントによって異なります。

  3. (オプション)アップグレードされた内容を確認するには、[ログの保存]をクリックします。
    ブラウザのDownloadsフォルダに、 drive_upgrade_log-timestamp.txtという名前でファイルが保存されます。

終了後の操作