手順2:サービス プロバイダのファイルをエクスポートする

IdPとストレージ アレイの間の信頼関係を確立するために、サービス プロバイダのメタデータをIdPにインポートします。

開始する前に

タスク概要

このタスクでは、コントローラからメタデータ(コントローラごとに1ファイル)をエクスポートします。このメタデータは、IdPがコントローラとの間の信頼関係を確立し、許可要求を処理するために必要になります。このファイルには、コントローラのドメイン名やIPアドレスなど、IdPがサービス プロバイダと通信するために必要な情報が含まれています。

手順

  1. [サービス プロバイダ ファイルをエクスポート]リンクをクリックします。
    [サービス プロバイダ ファイルのエクスポート]ダイアログが開きます。
  2. [コントローラ A]フィールドにコントローラのIPアドレスまたはDNS名を入力し、[エクスポート]をクリックしてメタデータ ファイルをローカル システムに保存します。ストレージ アレイにコントローラが2台含まれている場合は、[コントローラ B]フィールドを使用して、2台目のコントローラについて同じ手順を繰り返します。
    [エクスポート]をクリックすると、サービス プロバイダのメタデータがローカル システムにダウンロードされます。ファイルの保存先をメモしておいてください。
  3. ローカル システムで、エクスポートしたサービス プロバイダのメタデータ ファイルを探します。
    コントローラごとにXML形式のファイルが1つあります。
  4. IdPサーバで、サービス プロバイダのメタデータ ファイルをインポートして信頼関係を確立します。ファイルを直接インポートすることも、ファイルからコントローラの情報を手動で入力することもできます。