機能パックの有効化

機能パックは、ストレージ アレイの属性を変更する(プロトコルをFibre ChannelからiSCSIに変更するなど)バンドルです。機能パックを有効にするには特別なキーが必要です。

開始する前に

  • 適切な手順に従って変換を実行し、新しいストレージ アレイ属性に合わせてシステムを準備しておきます。
    注: 変換手順はNetApp Eシリーズ システムのドキュメント センターから入手できます。
  • ストレージ アレイがオフラインであり、ホストやアプリケーションからのアクセスがないことを確認します。
  • すべてのデータをバックアップします。
  • 機能パック ファイルを入手しておきます。

    機能パック ファイルは管理クライアント(System Managerにアクセスするためのブラウザを備えたシステム)上にロードされます。

注意: システムを停止するメンテナンス期間をスケジュールして、ホストとコントローラの間のすべてのI/O処理を停止する必要があります。また、変換を完了するまでは、ストレージ アレイ上のデータにアクセスできないことに注意してください。

タスク概要

このタスクでは、System Managerを使用して機能パックを有効にする方法について説明します。処理が完了したら、ストレージ アレイを再起動する必要があります。

手順

  1. [設定] > [システム]を選択します。
  2. [アドオン]で、[機能パックの変更]を選択します。
  3. [参照]をクリックして、キー ファイルを選択します。
    ファイル名がダイアログ ボックスに表示されます。
  4. フィールドに「CHANGE」と入力します。
  5. [変更]をクリックします。
    機能パックの移行が開始され、コントローラがリブートします。I/Oアクティビティをなくすために、書き込み前のキャッシュ データが削除されます。両方のコントローラが自動的にリブートし、新しい機能パックが有効になります。リブートが完了すると、ストレージ アレイは応答可能な状態に戻ります。