AutoSupport機能の配信方法を設定するにはどうすればよいですか?

AutoSupport機能は、テクニカル サポートへのAutoSupportディスパッチの配信にHTTPS、HTTP、SMTPのプロトコルをサポートしています。

開始する前に

タスク概要

各プロトコルを確認します。

注: HTTPS / HTTPとEメールの配信方法の違い。SMTPを使用するEメール配信方法とHTTPSおよびHTTP配信方法の間には、重要な違いがいくつかあります。まず、Eメールではディスパッチのサイズが5MBに制限されるため、ASUPデータ収集の一部はディスパッチされません。また、AutoSupport OnDemand機能はHTTPおよびHTTPSでのみ利用できます。

手順

  1. [サポート] > [サポート センター] > [AutoSupport]タブを選択します。
  2. [AutoSupport の配信方法の設定]を選択します。
    ディスパッチの配信方法を示すダイアログ ボックスが表示されます。
  3. 目的の配信方法を選択し、その配信方法のパラメータを選択します。次のいずれかを実行します。
    • [HTTPS]または[HTTP]を選択した場合は、次のいずれかの配信パラメータを選択します。
      • 直接 – この配信パラメータがデフォルトです。このオプションを選択すると、HTTPSまたはHTTPプロトコルを使用して、テクニカル サポートのデスティネーション システムに直接接続できます。
      • プロキシ サーバ経由 – このオプションを選択すると、テクニカル サポートのデスティネーション システムとの接続を確立するために必要なHTTPプロキシ サーバの詳細を指定できます。ホスト アドレスとポート番号を指定する必要があります。ただし、ホスト認証の詳細(ユーザ名とパスワード)は必要な場合にのみ入力してください。
      • プロキシ自動設定(PAC)スクリプト経由 – Proxy Auto-Configuration(PAC)スクリプト ファイルの場所を指定します。PACファイルを使用すると、テクニカル サポートのデスティネーション システムとの接続の確立に適したプロキシ サーバをシステムで自動的に選択できます。
    • [E メール]を選択した場合は、次の情報を入力します。
      • メール サーバ アドレス(完全修飾ドメイン名、IPv4アドレス、またはIPv6アドレス)
      • AutoSupportディスパッチEメールの[差出人]フィールドに表示されるEメール アドレス
      • (オプション:設定テストを実行する場合)AutoSupportシステムがテスト ディスパッチを受信した場合に確認メールを送信するEメール アドレス
  4. [設定のテスト]をクリックし、指定された配信パラメータを使用してテクニカル サポートのサーバへの接続をテストします。AutoSupport On-Demand機能を有効にした場合は、AutoSupport OnDemandディスパッチの配信のための接続もシステムでテストされます。

    設定テストに失敗した場合は、設定を確認してから、再度テストを実行してください。テストが何度も失敗する場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。

  5. [保存]をクリックします。