クライアントとして機能するコントローラ用の証明書のインポート

ネットワーク サーバの信頼チェーンを検証できないためコントローラが接続を拒否する場合は、[信頼済み]タブから証明書をインポートして、コントローラ(クライアントとして機能)がそのサーバからの通信を受け入れるようにすることができます。

開始する前に

タスク概要

別のサーバ(LDAPサーバや、TLSを使用するsyslogサーバなど)がコントローラにアクセスできるようにするには、[信頼済み]タブから証明書をインポートしなければならない場合があります。

手順

  1. [設定] > [証明書]を選択します。
  2. [信頼済み]タブから、[インポート]を選択します。
    信頼された証明書ファイルをインポートするためのダイアログ ボックスが表示されます。
  3. [参照]をクリックしてコントローラの証明書ファイルを選択します。
    ダイアログ ボックスにファイル名が表示されます。
  4. [インポート]をクリックします。

タスクの結果

ファイルがアップロードされて検証されます。