この情報はストレージの作成にどのように役立ちますか?

ワークロード情報は、選択したワークロードのI/Oタイプ、セグメント サイズ、読み取り / 書き込みキャッシュなどのボリューム特性を最適化するために使用されます。最適化された特性により、ワークロードとストレージ アレイ コンポーネントとの連携方法が決まります。

ユーザが指定したワークロード情報に基づいて、System Managerは適切なボリュームを作成し、システム上に現在存在する利用可能なプールまたはボリューム グループに配置します。選択したワークロードの最新のベストプラクティスに基づいて、ボリュームが作成され、その特性が最適化されます。

特定のワークロードのボリューム作成を完了する前に、推奨されたボリューム構成を確認し、[ボリュームの追加 / 編集]ダイアログ ボックスを使用して、システム推奨のボリュームおよび特性を編集、追加、または削除できます。

ベストプラクティスの情報については、アプリケーション固有のドキュメントを参照してください。