リモート ストレージ アレイのIPアドレスを更新するのはどのような場合ですか?

リモート ストレージ アレイのIPアドレスを更新するのは、iSCSIポートのIPアドレスが変わったために、ローカル ストレージ アレイがリモート ストレージ アレイと通信できない場合です。

iSCSI接続と非同期ミラー関係を確立する際、ローカルおよびリモート両方のストレージ アレイは、リモート ストレージ アレイのIPアドレスを非同期ミラーリング構成に保存します。iSCSIポートのIPアドレスが変わると、そのポートを使用しようとしているリモート ストレージ アレイで通信エラーが発生します。

IPアドレスが変わったストレージ アレイは、iSCSI接続を介してミラーリングするように設定されたミラー整合性グループに関連付けられている各リモート ストレージ アレイにメッセージを送信します。このメッセージを受け取ったストレージ アレイは、リモート ターゲットのIPアドレスを自動的に更新します。