Snapshotのロールバック

ロールバック処理では、ベース ボリュームが選択したSnapshotで指定された以前の状態に戻ります。

ロールバックでは、次のどちらかのソースからSnapshotイメージを選択できます。

ロールバック中は、グループに含まれるすべてのSnapshotイメージがSnapshot機能によって保持されます。また、I/O処理に必要な場合は、このプロセス中にホストからベース ボリュームにアクセスできます。

ロールバックが起動すると、バックグラウンド プロセスによってベース ボリュームの論理ブロック アドレス(LBA)が検索され、リストア対象となるcopy-on-writeデータがロールバックSnapshotイメージから検出されます。ベース ボリュームは読み取りと書き込みのためにホストからアクセス可能であり、以前に書き込まれたすべてのデータをただちに使用できるため、リザーブ容量ボリュームにはロールバック処理中のすべての変更を格納するための十分な容量が必要です。データ転送は、ロールバックが完了するまではバックグラウンド処理として続行されます。



1 ベース ボリューム
2 グループ内のSnapshotオブジェクト
3 Snapshotグループのリザーブ容量