Data Assuranceとは何ですか?

Data Assurance(DA)はT10 Protection Information(PI)標準を実装しています。I/Oパスでデータが転送される際に発生する可能性のあるエラーをチェックして修正することで、データの整合性が向上します。

Data Assurance機能の一般的な用途として、コントローラとドライブ間のI/Oパスがチェックされます。System Managerでは、DA機能はプールおよびボリューム グループのレベルで提供されます。

この機能を有効にすると、ボリューム内の各データ ブロックに巡回冗長検査(CRC)と呼ばれるエラー チェック用のコードが付加されます。データ ブロックが移動されると、このCRCコードを使用して、転送中にエラーが発生したかどうかが判断されます。破損している可能性があるデータはディスクに書き込まれず、ホストにも返されません。DA機能を使用する場合は、新しいボリュームの作成時にDA対応のプールまたはボリューム グループ([候補]の表でDAが[はい]になっている)を選択します。

これらのDA対応ボリュームは、必ずDAに対応したI/Oインターフェイスを使用しているホストに割り当ててください。DAに対応したI/Oインターフェイスには、Fibre Channel、SAS、iSCSI over TCP/IP、NVMe/FC、NVMe/IB、NVME/RoCE、iSER over InfiniBand(iSCSI Extensions for RDMA/IB)があります。SRP over InfiniBandではDAはサポートされていません。