プールとボリューム グループのどちらを使用するか

ボリュームはプールまたはボリューム グループを使用して作成できます。どちらが適しているかは、主に、予想されるI/Oワークロードなどの主要なストレージ要件、パフォーマンス要件、およびデータ保護要件によって異なります。

プールを使用する

ボリューム グループを使用する

注: プールとボリューム グループは共存可能で、ストレージ アレイにプールとボリューム グループの両方を含めることができます。

プールとボリューム グループの機能比較

次の表に、ボリューム グループとプールの機能の比較を示します。

用途 プール ボリューム グループ
ランダム ワークロード より良い 良い
シーケンシャル ワークロード 良い より良い
ドライブ リビルド時間 速い 遅い
パフォーマンス(最適モード) 良い:小さなブロックのランダム ワークロードに最適 良い:大きなブロックのシーケンシャル ワークロードに最適
パフォーマンス(ドライブ リビルド モード) より良い:通常はRAID 6より良い 劣る:パフォーマンスが最大40%低下
複数のドライブ障害 データ保護機能に優れる:リビルドを優先し、高速に処理 データ保護機能が劣る:リビルドが遅く、データ損失のリスクが大きい
ドライブの追加 速い:オンザフライでプールに追加 遅い:Dynamic Capacity Expansion処理が必要
シン ボリュームのサポート ×
ソリッド ステート ディスク(SSD)のサポート
シンプルな管理 ○:ホット スペアやRAID設定の構成作業なし ×:ホット スペアを割り当ててRAIDを管理
パフォーマンス調整 ×