新しいボリュームのリソースプロビジョニングを有効または無効にします

以前にリソースプロビジョニングのデフォルト機能を無効にしていた場合は、設定に移動して、作成した新しい SSD ボリュームグループまたはプールに対して再度有効にすることができます。この設定を再度無効にすることもできます。

開始する前に

タスク概要

リソースプロビジョニングは EF300 の場合EF600 および EF600 ストレージアレイで使用できる機能です。これにより、バックグラウンドの初期化プロセスを実行せずに、ボリュームをただちに使用できます。デフォルトでは、ドライブが DULBE をサポートするシステムでリソースプロビジョニングが有効になっています。このデフォルト設定 > は、ストレージプールとボリュームグループで無効にすることができます。リソースプロビジョニングを再度有効にする場合は、このタスクの手順に従って有効にすることができます。この機能を再度有効にすると、新規に作成されたボリュームグループとプールにのみ影響します。リソースプロビジョニングが有効になっている既存のボリュームグループおよびプールは変更されません。

手順

  1. [設定] > [システム]を選択します。
  2. [ その他の設定] までスクロールダウンし、 [ リソースプロビジョニングボリュームの有効化 / 無効化 ] をクリックします。
    設定の説明には、リソースプロビジョニングが現在有効か無効かが示されます。
  3. ダイアログボックスで、処理を確認します。

タスクの結果

リソースプロビジョニングを有効または無効にすると、新しく作成する SSD プールまたはボリュームグループにのみ影響します。既存のプールまたはボリュームグループは変更されません。