非同期ミラーリングと同期ミラーリングの違いは何ですか?

非同期ミラーリング機能が同期ミラーリング機能と本質的に違う点は、非同期ミラーリングは特定の時点におけるソース ボリュームの状態をキャプチャし、前回のイメージ キャプチャ以降に変更されたデータのみをコピーする点です。

同期ミラーリングでは、プライマリ ボリュームの状態がある時点でキャプチャされるのではなく、プライマリ ボリューム上で行われたすべての変更がセカンダリ ボリュームに反映されます。同期ミラーリングではプライマリ ボリュームに書き込みが行われるたびにセカンダリ ボリュームにも書き込みが行われるため、セカンダリ ボリュームはどの時点においてもプライマリ ボリュームと同一です。プライマリ ボリュームで行われた変更でセカンダリ ボリュームが更新されるまで、ホストは書き込みが成功したという確認応答を受信しません。

非同期ミラーリングでは、リモート ストレージ アレイとローカル ストレージ アレイは完全には同期されません。そのため、ローカル ストレージ アレイの損失によってアプリケーションをリモート ストレージ アレイに移行する必要がある場合、一部のトランザクションが失われる可能性があります。