従来型システムで作成されたプライマリ ボリュームのミラー ペアの作成

SANtricity System Managerで管理できない従来のストレージ アレイにプライマリ ボリュームを作成した場合は、SANtricity System Managerを使用してそのアレイにセカンダリ ボリュームを作成できます。

タスク概要

別のインターフェイスを使用する従来のアレイと、SANtricity System Managerで管理できる新しいアレイの間で非同期ミラーリングを実行できます。

手順

  1. [ストレージ] > [非同期ミラーリング]を選択します。
  2. [ミラー ペア]タブを選択します。
    [ミラー ペア]の表に、ストレージ アレイに関連付けられているミラー ペアがすべて表示されます。
  3. ステータスが不完全のミラー ペア ボリュームを探し、そのミラー ペアの列に表示される[ミラー ペアの作成]リンクをクリックします。
  4. 次のどちらかのラジオ ボタンを使用して、ミラー ペア作成手順を自動と手動のどちらで実行するかを選択します。
    • 自動 – 新しいセカンダリ ボリュームを作成します。

      セカンダリ ボリュームを作成する既存のプールまたはボリューム グループを選択して、ミラー ペアのリモート側のデフォルト設定を受け入れます。セカンダリ ボリュームにデフォルトの設定でリザーブ容量を割り当てるには、このオプションを使用します(推奨)。

    • 手動 – 既存のボリュームを選択します。

      セカンダリ ボリュームのパラメータを独自に定義します。

      1. [次へ]をクリックしてセカンダリ ボリュームを選択します。
      2. セカンダリ ボリュームとして使用する既存のボリュームを選択し、[次へ]をクリックしてリザーブ容量の割り当てに進みます。
      3. リザーブ容量を割り当てます。次のいずれかを実行します。
        • デフォルト設定を使用する。

          リザーブ容量のデフォルト設定はベース ボリュームの容量の20%であり、通常はこの容量で十分です。

        • データ ストレージの非同期ミラーリングのニーズに合わせて独自の設定でリザーブ容量を割り当てる。

          必要な容量は、プライマリ ボリュームに対するI/O書き込みの頻度とサイズ、およびその容量を維持する必要がある期間によって異なります。一般に、次のいずれかまたは両方に該当する場合は、リザーブ容量を大きくします。

          • ミラー ペアを長期にわたって維持する場合。
          • 大量のI/Oアクティビティにより、プライマリ ボリュームのデータ ブロックの大部分で変更が発生する場合。プライマリ ボリュームに対する一般的なI/Oアクティビティを判断するには、過去のパフォーマンス データやその他のオペレーティング システム ユーティリティを使用します。
  5. [完了]を選択します。

タスクの結果

SANtricity System Managerは次の処理を実行します。