コントローラのソフトウェアとファームウェアのアップグレード

ストレージ アレイのソフトウェアとファームウェアをアップグレードして、最新の機能とバグ修正をすべて適用することができます。

SANtricity OSコントローラ ソフトウェアのアップグレードに含まれるコンポーネント

ストレージ アレイの複数のコンポーネントには、適宜アップグレードが必要なソフトウェアやハードウェアが含まれています。



1 コントローラ シェルフ
2 ドライブ シェルフ
3 ソフトウェア、コントローラ ファームウェア、コントローラNVSRAM、スーパーバイザー ソフトウェア
4 ドライブ ファームウェア
5 IOMファームウェア
6 ドライブ ファームウェア

現在使用しているソフトウェアとファームウェアのバージョンは、[ソフトウェアとファームウェアのインベントリ]ダイアログ ボックスで確認できます。[サポート] > [アップグレード センター]に移動し、[ソフトウェアとファームウェアのインベントリ]のリンクをクリックします。

アップグレード プロセスの一環として、ホストがコントローラと正しく連携するように、ホストのマルチパス / フェイルオーバー ドライバやHBAドライバのアップグレードも必要になることがあります。該当するかどうかを確認するには、Netapp Interoperability Matrix Toolを参照してください。

I/Oを停止するタイミング

ストレージアレイにコントローラが 2 台あり、マルチパスドライバがインストールされている場合は、アップグレードの実行中もストレージアレイで I/O の処理を継続できます。アップグレードでは、コントローラ A のすべてのボリュームがコントローラ B にフェイルオーバーしてコントローラ A がアップグレードされます。フェイルオーバー後に、コントローラ A にボリュームとコントローラ B のすべてのボリュームが戻され、コントローラ B がアップグレードされます

アップグレード前の健全性チェック

アップグレード プロセスの一環として、アップグレード前の健全性チェックが実行されます。アップグレード前の健常性チェックでは、ストレージ アレイのすべてのコンポーネントについて、アップグレードを実行できる状態であるかがチェックされます。次の状況に該当する場合、アップグレードを実行できないことがあります。

アップグレード前の健常性チェックは、アップグレードとは別に実行することもできます。