セキュリティ有効ドライブの消去

セキュリティ有効ドライブを消去して、別のボリューム グループ、プール、SSDキャッシュ、または別のストレージ アレイで再利用することができます。この手順では、ドライブのセキュリティ属性をリセットし、データを二度と読み取れないようにします。

開始する前に

セキュリティ有効ドライブの状態は未割り当てである必要があります。

タスク概要

[完全消去]オプションは、セキュリティ有効ドライブ上のすべてのデータを削除し、ドライブのセキュリティ属性をリセットする場合にのみ使用します。

注意:
データ損失の可能性 – [完全消去]処理は取り消すことができません。処理中は正しいドライブを選択していることを確認してください。

手順

  1. [ハードウェア]を選択します。
  2. 図にコントローラが表示された場合は、[シェルフ前面を表示]をクリックします。
    図の表示が切り替わり、コントローラではなくドライブが表示されます。
  3. フィルタ フィールドを使用して、シェルフ内のセキュリティ有効で未割り当てのドライブをすべて表示します。[次のドライブを表示...]ドロップダウン リストから、[セキュリティ有効][未割り当て]を選択します。
    注意:
    すべてのドライブで同じ物理属性が共有されている場合は、[次のドライブを表示...]フィルタ フィールドは表示されません。すべてのドライブで同じ論理属性が共有されている場合は、[ストレージ アレイのすべての場所]フィルタ フィールドは表示されません。
    シェルフ ビューには、セキュリティ有効で未割り当てのドライブのみが表示され、その他はすべてグレー表示になります。
  4. 消去するセキュリティ有効ドライブを選択します。
    注意:
    データ損失の可能性 – 正しいドライブを選択していることを確認してください。[完全消去]処理の完了後にデータをリカバリすることはできません。
    ドライブのコンテキスト メニューが開きます。
  5. [完全消去]を選択します。
    [完全消去]オプションは、未割り当てのセキュリティ有効ドライブを選択した場合にのみ表示されます。
    注: NVMe SEDドライブの場合は、PSIDを指定する必要があります。PSIDはドライブ ラベルに記載されています。この手順はバックアップのロック キーがない場合に必要です。
  6. [ドライブの完全消去]ダイアログ ボックスで、データ損失に関する重要な情報を確認します。
  7. 処理を確認し、[消去]をクリックします。

タスクの結果

これで、このドライブは、別のボリューム グループまたはディスク プール、あるいは別のストレージ アレイで使用可能になります。