ボリューム コピー

ボリュームのデータを同じストレージ アレイ内の別のボリュームにコピーすることで、ソース ボリュームのポイントインタイムの物理的な複製(クローン)を作成できます。

開始する前に

タスク概要

ソース ボリュームは、ホストI/Oを受け入れてアプリケーション データを格納するボリュームです。ボリューム コピーが開始されると、ソース ボリュームのデータがターゲット ボリュームに丸ごとコピーされます。

ターゲット ボリュームは、ソース ボリュームのデータのコピーを保持する標準のボリュームです。ボリューム コピー処理が完了すると、ターゲット ボリュームはソース ボリュームと同じになります。ターゲット ボリュームにはソース ボリュームと同じかそれ以上の容量が必要です。ただし、RAIDレベルは同じである必要はありません。

オンライン コピー

オンライン コピーは、ストレージ アレイ内のボリュームのポイントインタイム コピーを作成します。コピーの実行中も、そのボリュームへの書き込みを継続できます。そのためには、ボリュームのSnapshotを作成し、そのSnapshotをコピーの実際のソース ボリュームとして使用します。ポイントインタイム イメージの作成元となるボリュームはベース ボリュームと呼ばれ、ストレージ アレイ内の標準ボリュームまたはシン ボリュームを使用できます。

オフライン コピー

注: ボリューム コピー処理はターゲット ボリュームのデータを上書きし、ターゲット ボリュームに関連付けられたSnapshotボリュームがある場合はすべて使用停止にします。

手順

  1. [ストレージ] > [ボリューム]を選択します。
  2. ボリューム コピー処理のソースとして使用するボリュームを選択し、[コピー サービス] > [ボリュームのコピー]を選択します。

    [ボリュームのコピー - ターゲットの選択]ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. データをコピーするターゲット ボリュームを選択します。

    このダイアログ ボックスの表には、ターゲット ボリュームとして使用できるすべてのボリュームが表示されます。

  4. スライダ バーを使用して、ボリューム コピー処理のコピー優先度を設定します。

    コピー優先度は、I/O要求の処理と比較して、ボリューム コピー処理を完了するためにどの程度のシステム リソースが使用されるかを決定するものです。

    コピー優先度は5段階で設定できます。

    • 最低
    • 最高
  5. オンライン コピーとオフライン コピーのどちらを作成するかを選択します。オンライン コピーを作成する場合は、[ソース ボリュームをオンラインにしたままコピー処理を実行する]チェックボックスを選択します。
  6. 次のいずれかを実行します。
    • オンライン コピー処理を実行する場合は、[次へ]をクリックして[容量のリザーブ]ダイアログ ボックスに進みます。
    • オフライン コピー処理を実行する場合は、[終了]をクリックしてオフライン コピーを開始します。
  7. オンライン コピーを作成するように選択した場合は、オンライン コピーのデータやその他の情報を格納するために必要なリザーブ容量を設定し、[終了]をクリックしてオンライン コピーを開始します。

    [ボリューム候補]の表には、指定したリザーブ容量をサポートするボリュームだけが候補として表示されます。リザーブ容量は、コピー サービス処理やストレージ オブジェクトに使用される物理割り当て容量です。ホストから直接読み取ることはできません。

    • リザーブ容量のデフォルト設定はベース ボリュームの容量の40%であり、通常はこの容量で十分です。
    • ただし、リザーブ容量は、元のデータに対する変更の量によって異なります。

タスクの結果

System Managerにより、ソース ボリュームのすべてのデータがターゲット ボリュームにコピーされます。ボリューム コピー処理の完了後、ターゲット ボリュームはホストに対して自動的に読み取り専用になります。

終了後の操作

[ホーム] > [実行中の処理を表示]を選択して、ボリューム コピー処理の進捗状況を確認します。この処理には時間がかかることがあり、システムのパフォーマンスに影響する可能性があります。