SAMLサービス プロバイダ ファイルのエクスポート

必要に応じて、ストレージ アレイのサービス プロバイダのメタデータをエクスポートして、ファイルをアイデンティティ プロバイダ(IdP)システムに再インポートすることができます。

開始する前に

タスク概要

このタスクでは、コントローラからメタデータ(コントローラごとに1ファイル)をエクスポートします。このメタデータは、IdPがコントローラとの間の信頼関係を確立し、認証要求を処理するために必要になります。このファイルには、コントローラのドメイン名やIPアドレスなど、IdPで要求の送信に使用できる情報が含まれています。

手順

  1. [設定] > [アクセス管理]を選択します。
  2. [SAML]タブを選択します。
  3. [エクスポート]を選択します。
    [サービス プロバイダ ファイルのエクスポート]ダイアログが開きます。
  4. コントローラごとに、[エクスポート]をクリックして、メタデータ ファイルをローカル システムに保存します。
    注: 各コントローラのドメイン名フィールドは読み取り専用です。
    ファイルの保存先をメモしておいてください。
  5. ローカル システムで、エクスポートしたサービス プロバイダのメタデータ ファイルを探します。
    コントローラごとにXML形式のファイルが1つあります。
  6. IdPサーバから、サービス プロバイダのメタデータ ファイルをインポートします。ファイルを直接インポートするか、ファイル内のコントローラ情報を手動で入力できます。
  7. [閉じる]をクリックします。