Eシリーズの用語

Eシリーズで使用される用語について説明します。

用語 説明
コントローラ コントローラは、ボード、ファームウェア、ソフトウェアで構成されます。ドライブを制御し、機能を実装します。
デュプレックス / シンプレックス構成

デュプレックスは、ストレージ アレイ内に2つのコントローラ モジュールを配置した構成です。シンプレックスは、コントローラ モジュールを1つだけ配置した構成です。

HDD ハードディスク ドライブ(HDD)は、磁気コーティングを施した金属製の回転式ディスクを使用するデータ ストレージ デバイスです。
HIC

ホスト インターフェイス カード(HIC)は、アレイをホストに接続します。コントローラ キャニスターにオプションで取り付けることもできます。

IB InfiniBand(IB)は、ハイ パフォーマンスのサーバとストレージ システムの間のデータ転送用の通信標準です。
IOPS IOPSは、1秒あたりのI/O処理数です。
ミラーリング ミラーリングは、継続的な可用性を確保するためにデータ ボリュームを別のストレージ アレイにレプリケートする機能です。
プール プールは、論理的にグループ化されたドライブの集まりです。プールを使用して、ホストからアクセスできるボリュームを作成できます。
電源 / ファン キャニスター 電源 / ファン キャニスターは、シェルフに搭載されるアセンブリです。電源装置と一体型ファンで構成されます。
ラック ユニット(U) 1ラック ユニット(省略形はU)は、44.50mm(1.75インチ)と定義されています。
SAS Serial Attached SCSI(SAS)は、コントローラをディスク ドライブに直接リンクするポイントツーポイントのシリアル プロトコルです。
RoCE RDMA over Converged Ethernet(RoCE)は、イーサネット ネットワークを介したリモート ダイレクト メモリ アクセス(RDMA)を可能にするネットワーク プロトコルです。
シェルフ シェルフは、キャビネットまたはラックに取り付けられるエンクロージャです。ストレージ アレイのハードウェア コンポーネントがシェルフに格納されます。シェルフには、コントローラ シェルフとドライブ シェルフの2種類があります。コントローラ シェルフは、コントローラとドライブを収容します。ドライブ シェルフは、入出力モジュール(IOM)とドライブを収容します。
Snapshot Snapshotイメージは、ボリュームのデータを特定の時点でキャプチャした論理コピーです。リストア ポイントのように、Snapshotイメージを使用すると既知の正常な状態にロールバックできます。
SSD ソリッド ステート ディスク(SSD)は、ソリッド ステート メモリ(フラッシュ)を使用してデータを永続的に格納するデータ ストレージ デバイスです。SSDは従来のハード ドライブをエミュレートしたものであり、ハード ドライブと同じインターフェイスで利用できます。
ストレージ アレイ ストレージ アレイは、シェルフ、コントローラ、ドライブ、ソフトウェア、およびファームウェアを収容します。
ボリューム ボリュームは、アプリケーション、データベース、およびファイルシステムがデータを格納するコンテナです。ホストがストレージ アレイのストレージにアクセスするために作成される論理コンポーネントです。
ワークロード

ワークロードは、アプリケーションをサポートするストレージ オブジェクトです。一部のアプリケーションについては、特性が似たボリュームで構成されるようにSystem Managerによってワークロードが設定されます。これらのボリューム特性は、ワークロードがサポートするアプリケーションのタイプに基づいて最適化されます。