インポートを再開します

リモートストレージのインポートでステータスが FAILED または stopped になっている場合は、 SANtricity System Manager からリモートストレージのインポートを再開できます。

タスク概要

インポートは、次の手順を使用して、失敗または停止ステータスのインポートについて、処理実行中ウィンドウから直接再開できます。
注: 再開処理では、既存のインポートのみが再開され、プロセスの先頭からインポートが再開されることはありません。インポートを最初から再開する必要がある場合は、インポートを切断してから、リモートストレージのインポートウィザードを使用して再作成する必要があります。

手順

  1. [ 実行中の操作 ] 画面の [ 結果 ] リストセクションで 、ステータスが [ 失敗 ] または [ 停止 ] の対応するリモートストレージインポートの [ アクション ] 列の [ 再開 ] をクリックします。
    リモートストレージのインポートの再開ダイアログが表示されます。
  2. [ インポート優先度 ] フィールドで、次のインポート優先度オプションのいずれかを選択します。
    • 最低
    • 中(デフォルト)
    • 最高
  3. [OK]をクリックします。
    選択した優先度がリモートストレージのインポートに適用されます。