コントローラへのソフトウェア ファイルの転送

SANtricity OS ソフトウェアファイルと NVSRAM ファイルをリポジトリにロードして、 Unified Manager Upgrade Center からアクセスできるようにします。

タスク概要

重要: データ損失のリスク、ストレージ アレイの損傷のリスク - アップグレードの実行中にストレージ アレイに対する変更を行わないでください。ストレージ アレイへの電源を維持してください。

手順

  1. メイン ビューから[管理]を選択し、アップグレードする1つまたは複数のストレージ アレイを選択します。
  2. [アップグレード センター] > [SANtricity OSソフトウェアのアップグレード]を選択します。

    [SANtricity OSソフトウェアのアップグレード]ページが表示されます。

  3. SANtricity ネットアップサポートサイトからローカルマシンに最新の SANtricity OS ソフトウェアパッケージをダウンロードします。
    1. [ソフトウェア リポジトリに新しいファイルを追加]をクリックします。
    2. 最新のSANtricity OSのダウンロードを検索するためのリンクをクリックします。
    3. [最新リリースのダウンロード]リンクをクリックします。
    4. 以降の手順に従って、SANtricity OSファイルとNVSRAMファイルをローカル マシンにダウンロードします。
    注: バージョン8.42以降のデジタル署名されたファームウェアが必要です。署名のないファームウェアをダウンロードしようとすると、エラーが表示されてダウンロードが中止されます。
  4. コントローラのアップグレードに使用するOSソフトウェア ファイルとNVSRAMファイルを選択します。
    1. [SANtricity OSソフトウェア ファイルを選択]ドロップダウンで、ローカル マシンにダウンロードしたOSファイルを選択します。

      使用可能なファイルが複数ある場合は、日付が新しい順にファイルがソートされます。

      注: ソフトウェア リポジトリには、Webサービス プロキシに関連付けられているすべてのソフトウェア ファイルが表示されます。使用するファイルが表示されない場合は、[ソフトウェア リポジトリに新しいファイルを追加]リンクをクリックし、追加するOSファイルが格納されている場所を参照できます。
    2. [NVSRAMファイルを選択]ドロップダウンで、使用するコントローラ ファイルを選択します。

      ファイルが複数ある場合は、日付が新しい順にファイルがソートされます。

  5. [互換性があるストレージ アレイ]の表で、選択したOSソフトウェア ファイルと互換性があるストレージ アレイを確認し、アップグレードするアレイを選択します。
    • [互換性があるストレージ アレイ]の表では、[管理]ビューで選択したストレージ アレイのうち、選択したファームウェア ファイルと互換性があるアレイがデフォルトで選択されます。
    • [互換性があるストレージ アレイ]の表では、選択したファームウェア ファイルで更新できないストレージ アレイについては選択できない状態になり、ステータスが[互換性なし]と表示されます。
  6. (オプション)ソフトウェア ファイルをアクティブ化せずにストレージ アレイに転送する場合は、[OS ソフトウェアをストレージ アレイに転送してステージング済みとマークし、あとでアクティブ化します]チェック ボックスを選択します。
  7. [開始]をクリックします。
  8. すぐにアクティブ化するかあとでアクティブ化するかに応じて、次のいずれかを実行します。
    • アップグレード対象として選択したアレイに推奨バージョンのOSソフトウェアを転送する場合は、確認のために「TRANSFER」と入力し、[転送]をクリックします。

      転送したソフトウェアをアクティブ化するには、[アップグレード センター] > [ステージング済みOSソフトウェアのアクティブ化]を選択します。

    • アップグレード対象として選択したアレイに推奨バージョンのOSソフトウェアを転送してアクティブ化する場合は、確認のために「UPGRADE」と入力し、[アップグレード]をクリックします。

      アップグレード対象として選択した各ストレージ アレイにソフトウェア ファイルが転送され、ストレージ アレイがリブートされてファイルがアクティブ化されます。

    アップグレード処理では、次の処理が実行されます。

    • アップグレード プロセスの一環として、アップグレード前の健全性チェックが実行されます。アップグレード前の健全性チェックでは、ストレージ アレイのすべてのコンポーネントについて、アップグレードを実行できる状態であるかがチェックされます。
    • いずれかの健全性チェックでストレージ アレイに問題が見つかった場合、アップグレードが停止します。省略記号(...)をクリックして[ログの保存]を選択すると、エラーを確認することができます。健全性チェックのエラーを無視し、[続行]をクリックしてアップグレードを続行することもできます。
    • アップグレード前の健全性チェックのあとに、アップグレード処理をキャンセルすることができます。
  9. (オプション)アップグレードの完了後、省略記号(...)をクリックして[ログの保存]を選択すると、特定のストレージ アレイについてのアップグレード状況のリストを確認できます。

    ブラウザのDownloadsフォルダに、upgrade_log-<date>.jsonという名前でファイルが保存されます。

終了後の操作

ソフトウェア ファイルをアクティブ化した場合は、これでコントローラ ソフトウェアのアップグレードは完了です。アクティブ化していない場合は、ステージング済みソフトウェア ファイルのアクティブ化に進みます。