WindowsサーバまたはLinuxサーバへのインストール

Web Services ProxyとUnified Managerは、3つのモード(グラフィカル、コンソール、サイレント)のいずれかを使用するか、RPMファイル(Linuxのみ)を使用してインストールできます。