RPMコマンドでのアンインストール(Linuxのみ)

RPMコマンドを使用して、LinuxシステムからWeb Services Proxyをアンインストールできます。

手順

  1. ターミナル ウィンドウを開きます。
  2. コマンドラインで次のコマンドを入力します。rpm –e santricity_webservices
    注:アンインストール プロセスでは、元のインストールに含まれていなかったファイルが残ることがあります。Web Services Proxyを完全に削除するには、それらのファイルを手動で削除してください。