統計機能

Web Services Proxyは、サポートされているハードウェア モデルおよびソフトウェア バージョンからコントローラやインターフェイスの統計の生データと分析データを取得できるAPIエンドポイントを提供します。

統計の生データのAPI

統計の分析データのAPI

これらのURLは前回のポーリングから統計の分析データを取得するため、ポーリングが有効な場合にのみ使用できます。これらのURLには、次の入力出力データが含まれます。
  • 1秒あたりの処理数
  • スループット(MB/秒)
  • 応答時間(ミリ秒)
これらのデータはストレージ パフォーマンスの最も一般的な指標で、統計の各ポーリング間の差異に基づいて計算されます。生データよりもこれらの分析された統計の方がよく使用されます。
注:システムの起動時は各種の指標の計算に使用する統計がまだ収集されていないため、統計の分析データを利用するには、起動後に少なくとも1回はポーリング サイクルが完了している必要があります。また、累積カウンタがリセットされた場合には次回のポーリング サイクルで予測できないデータが返されます。