証明書の仕組み

証明書は、Webサイトやサーバなどのオンライン エンティティを識別するデジタル ファイルであり、インターネット上のセキュアな通信を実現します。

署名済み証明書

証明書を使用すると、指定したサーバとクライアント間でのみ、Webでの通信が非公開かつ変更されずに、暗号化された形式で送信されます。Unified Managerを使用すると、ホスト管理システムのブラウザおよび検出されたストレージ アレイのコントローラの証明書を管理できます。

証明書には信頼できる認証局が署名した証明書と自己署名の証明書があります。「署名」とは、第三者が所有者のIDを検証し、そのデバイスが信頼できると確認したことを意味します。ストレージ アレイの各コントローラには、自動生成された自己署名証明書が付属しています。自己署名証明書を引き続き使用することも、CA署名証明書を取得してコントローラとホスト システム間のよりセキュアな接続を実現することもできます。
注: CA署名証明書ではセキュリティ保護が強化されますが(中間者攻撃を阻止するなど)、大規模なネットワークの場合はコストがかかる可能性があります。一方、自己署名証明書の場合、安全性は低くなりますが無料です。したがって、自己署名証明書は本番環境ではなく内部テスト環境で最もよく使用されます。

署名済み証明書は、信頼できる第三者機関である認証局(CA)によって検証されます。署名済み証明書には、エンティティ(通常、サーバまたはWebサイト)の所有者に関する詳細、証明書の発行日と有効期限、エンティティの有効なドメイン、およびアルファベットと数字で構成されるデジタル署名が含まれています。

ブラウザを開いてWebアドレスを入力すると、証明書チェック プロセスがバックグラウンドで実行され、有効なCA署名証明書を含むWebサイトに接続しているかどうかが確認されます。通常、署名済み証明書で保護されたサイトのアドレスには、鍵のアイコンとhttpsの指定が含まれます。CA署名証明書が含まれていないWebサイトに接続しようとすると、サイトがセキュリティで保護されていないことを示す警告がブラウザに表示されます。

CAは、申請プロセス中にユーザの身元を確認するための手順を実行します。登録済みの会社にEメールを送信し、会社の住所を確認して、HTTPまたはDNSの検証を実行する場合があります。申請プロセスが完了すると、ホスト管理システムにロードするデジタル ファイルがCAから送信されます。通常、これらのファイルには次のような信頼チェーンが含まれます。
  • ルート - 階層の最上位にあるのはルート証明書です。この証明書には、他の証明書への署名に使用する秘密鍵が含まれています。ルートは特定のCA組織を識別します。すべてのネットワーク デバイスで同じCAを使用する場合は、ルート証明書が1つだけ必要です。
  • 中間 - ルートからの分岐は中間証明書です。CAは、保護されたルート証明書とサーバ証明書の間の証明書として機能する、1つ以上の中間証明書を発行します。
  • サーバ - チェーンの最下位にあるのはサーバ証明書です。この証明書は、Webサイトや他のデバイスなど、特定のエンティティを識別します。ストレージ アレイの各コントローラには個別のサーバ証明書が必要です。

自己署名証明書

ストレージ アレイの各コントローラには、自己署名証明書が事前にインストールされています。自己署名証明書はCA署名証明書と似ていますが、第三者ではなくエンティティの所有者によって検証される点が異なります。CA署名証明書と同様に、自己署名証明書には独自の秘密鍵が含まれており、サーバとクライアントの間でHTTPS接続を介してデータが暗号化および送信されることも保証されます。

自己署名証明書はブラウザでは「信頼」されません。自己署名証明書のみを含むWebサイトに接続しようとするたびに、ブラウザには警告メッセージが表示されます。Webサイトに進むには、警告メッセージ内のリンクをクリックする必要があります。これにより、基本的には自己署名証明書が受け入れられます。

Unified Managerの証明書

Unified Managerインターフェイスは、ホスト システムにWeb Services Proxyとともにインストールされます。ブラウザを開き、Unified Managerに接続しようとすると、ホストが信頼できるソースであるかどうかを確認するためにデジタル証明書がチェックされます。ブラウザでサーバのCA署名証明書が見つからない場合は、警告メッセージが表示されます。そこからWebサイトにアクセスして、そのセッションの自己署名証明書を受け入れることができます。または、CAから署名入りのデジタル証明書を取得して、警告メッセージが表示されないようにすることもできます。

コントローラの証明書

Unified Managerセッション中に、CA署名証明書のないコントローラにアクセスしようとすると、追加のセキュリティ メッセージが表示されることがあります。この場合、自己署名証明書を永続的に信頼するか、コントローラのCA署名証明書をインポートして、Web Services Proxyサーバがこれらのコントローラから受信するクライアント要求を認証できるようにすることができます。