管理証明書のリセット

管理証明書を工場出荷時の自己署名証明書の状態に戻すことができます。

開始する前に

タスク概要

このタスクでは、Webサービス プロキシとSANtricity Unified Managerがインストールされているホスト システムから現在の管理証明書を削除します。証明書をリセットすると、ホスト システムでは自己署名証明書が再び使用されるようになります。

手順

  1. [証明書管理]を選択します。
  2. [管理]タブで、[リセット]を選択します。
    [管理証明書のリセットの確認]ダイアログ ボックスが開きます。
  3. フィールドに「reset」と入力し、[リセット]をクリックします。

タスクの結果

ブラウザをリフレッシュすると、システムではサーバの自己署名証明書が再び使用されるようになります。そのため、セッションの自己署名証明書を手動で承認するよう求められます。