検出時の自己署名証明書の解決

検出プロセスでは、ストレージ アレイに信頼できるソースからの証明書があるかどうかが確認されます。

開始する前に

手順

  1. 次のいずれかを実行します。
    • 検出されたストレージ アレイへの接続を信頼する場合は、ウィザードの次のカードに進みます。自己署名証明書は信頼済みとしてマークされ、ストレージ アレイはSANtricity Unified Managerに追加されます。
    • ストレージ アレイへの接続を信頼できない場合は、[キャンセル]を選択し、ストレージ アレイのセキュリティ証明書の方針を確認してからUnified Managerにストレージ アレイを追加してください。
  2. [次へ]をクリックしてウィザードの次の手順に進みます。
  3. 信頼されていない証明書の解決に進みます。