信頼されていない証明書の解決

信頼されていない証明書の問題は、ストレージ アレイからSANtricity Unified Managerへのセキュアな接続を確立しようとしたときに、接続が安全であることが確認できないと発生します。[証明書]ページで信頼されていない証明書を解決するには、ストレージ アレイの自己署名証明書をインポートするか、信頼できる第三者機関が発行した認証局(CA)証明書をインポートします。

開始する前に

タスク概要

信頼された追加のCA証明書のインストールが必要になる可能性があるのは、次のいずれかに該当する場合です。

手順

  1. [証明書管理]を選択します。
  2. [信頼済み]タブを選択します。
    このページには、ストレージ アレイについて報告されたすべての証明書が表示されます。
  3. CA証明書をインポートする場合は[インポート] > [証明書]、自己署名証明書をインポートする場合は[インポート] > [自己署名ストレージ アレイ証明書]を選択します。
    表示される証明書を絞り込むには、[表示する証明書の条件を選択...]フィルタ フィールドを使用するか、いずれかの列見出しをクリックして行をソートします。
  4. ダイアログ ボックスで、証明書を選択して[インポート]をクリックします。
    証明書がアップロードされて検証されます。