ステージング済みOSソフトウェアのアクティブ化

ソフトウェア ファイルはただちにアクティブ化することも、都合のいいタイミングでアクティブ化することもできます。ここでは、ソフトウェア ファイルをあとでアクティブ化するように選択した場合の手順を示します。

タスク概要

ファームウェア ファイルは、アクティブ化せずに転送できます。あとでアクティブ化する理由は次のとおりです。

注意: 一度開始したアクティブ化プロセスは停止できません。

手順

  1. メイン ビューから[管理]を選択します。必要に応じて、ページ上部の[ステータス]列をクリックしてソートし、ステータスが「OS ソフトウェア アップグレード完了(アクティブ化待ち)」であるすべてのストレージ アレイを確認します。
  2. ソフトウェアをアクティブ化する1つまたは複数のストレージ アレイを選択し、[アップグレード センター] > [ステージング済みOSソフトウェアのアクティブ化]を選択します。

    アップグレード処理では、次の処理が実行されます。

    • アップグレード プロセスの一環として、アップグレード前の健全性チェックが実行されます。アップグレード前の健全性チェックでは、ストレージ アレイのすべてのコンポーネントについて、アップグレードを実行できる状態であるかがチェックされます。
    • いずれかの健全性チェックでストレージ アレイに問題が見つかった場合、アップグレードが停止します。省略記号(...)をクリックして[ログの保存]を選択すると、エラーを確認することができます。健全性チェックのエラーを無視し、[続行]をクリックしてアップグレードを続行することもできます。
    • アップグレード前の健全性チェックのあとに、アップグレード処理をキャンセルすることができます。

    アップグレード前の健全性チェックが正常に完了すると、アクティブ化が実行されます。アクティブ化にかかる時間は、ストレージ アレイの構成とアクティブ化しているコンポーネントによって異なります。

  3. (オプション)アップグレードの完了後、省略記号(...)をクリックして[ログの保存]を選択すると、特定のストレージ アレイについてのアップグレード状況のリストを確認できます。
    ブラウザのDownloadsフォルダに、activate_log-<date>.jsonという名前でファイルが保存されます。