この割合を変更するのはどのような場合ですか?

非同期ミラーリング処理用のリザーブ容量は、一般にベース ボリュームの20%です。通常はこの容量で十分です。

必要な容量は、ベース ボリュームへの書き込みI/Oの頻度とサイズ、およびストレージ オブジェクトのコピー サービス処理を使用する期間によって異なります。一般に、次のいずれかまたは両方に該当する場合は、リザーブ容量の割合を大きくします。