アップグレード時の考慮事項

SANtricity Unified Managerを使用して複数のストレージ アレイをアップグレードする場合に、計画段階で確認が必要な考慮事項を以下に記載します。

現在のバージョン

検出された各ストレージ アレイについて、Unified Manager[管理]ページでSANtricity OSの現在のバージョンを確認できます。バージョンは、[SANtricity OSソフトウェア]列に表示されます。各行のSANtricity OSのバージョンをクリックするとポップアップ ダイアログ ボックスが表示され、コントローラのファームウェアとNVSRAMの情報を確認できます。

アップグレードが必要な他のコンポーネント

アップグレード プロセスの一環として、ホストがコントローラと正しく連携するように、ホストのマルチパス / フェイルオーバー ドライバやHBAドライバのアップグレードも必要になることがあります。

互換性に関する情報については、NetApp Interoperability Matrixを参照してください。手順については、使用するオペレーティング システムに対応したエクスプレス ガイドを参照してください。エクスプレス ガイドは、Eシリーズ ドキュメント センターから入手できます。

デュアル コントローラ

ストレージ アレイにコントローラが2台あり、マルチパス ドライバがインストールされている場合は、アップグレードの実行中もストレージ アレイでI/Oの処理を継続できます。アップグレードのプロセスは次のとおりです。

  1. コントローラAのすべてのLUNがコントローラBにフェイルオーバーされます。
  2. コントローラAでアップグレードが実行されます。
  3. コントローラAにLUNが戻され、コントローラBのLUNもすべて移されます。
  4. コントローラBでアップグレードが実行されます。

アップグレードの完了後、所有権のある正しいコントローラにボリュームが配置されるように、コントローラ間で手動でのボリュームの再配置が必要になることがあります。