アップグレードの仕組み

SANtricity Unified Managerを使用して、同じタイプの複数のストレージ アレイのSANtricity OSソフトウェアを新しいバージョンにアップグレードできます。

アップグレード ワークフロー

ソフトウェアのアップグレードを実行する手順の大まかなワークフローを以下に記載します。

  1. サポート サイトから最新のSANtricity OSソフトウェア ファイルをダウンロードします(Unified Manager[サポート]ページにあるリンクからアクセスできます)。管理ホスト システム(ブラウザでUnified Managerにアクセスするホスト)にファイルを保存し、ファイルを解凍します。
  2. Unified Managerで、SANtricity OSソフトウェア ファイルとNVSRAMファイルをリポジトリ(ファイルが格納されているWebサービス プロキシ サーバの領域)にロードします。[アップグレード センター] > [SANtricity OSソフトウェアのアップグレード]または[アップグレード センター] > [ソフトウェア リポジトリの管理]からファイルを追加できます。
  3. リポジトリにファイルをロードしたら、そのファイルを選択してアップグレードに使用できます。[SANtricity OSソフトウェアのアップグレード]ページ([アップグレード センター] > [SANtricity OSソフトウェアのアップグレード])で、SANtricity OSソフトウェア ファイルとNVSRAMファイルを選択します。ソフトウェア ファイルを選択すると、互換性があるストレージ アレイのリストがこのページに表示されます。新しいソフトウェアにアップグレードするストレージ アレイをリストから選択します (互換性がないアレイは選択できません)。
  4. ソフトウェアの転送とアクティブ化をすぐに開始するか、ファイルをステージングしてあとでアクティブ化するかを選択できます。アップグレード プロセスを実行すると、Unified Managerで次の処理が実行されます。
    1. ストレージ アレイの健全性チェックが実行され、アップグレードの完了の妨げとなる状況がないかどうかが確認されます。健全性チェックでいずれかのアレイに問題が見つかった場合、そのアレイをスキップして他のアレイのアップグレードを続行するか、プロセス全体を中止して該当するアレイのトラブルシューティングを行うことができます。
    2. 各コントローラにアップグレード ファイルが転送されます。
    3. コントローラが一度に1台ずつリブートされ、新しいSANtricity OSソフトウェアがアクティブ化されます。アクティブ化では、既存のSANtricity OSファイルが新しいファイルに置き換えられます。
      注: ソフトウェアをあとでアクティブ化するように指定することもできます。

即時アップグレードと段階的アップグレード

アップグレードはただちにアクティブ化することも、ステージングしてあとでアクティブ化することもできます。あとでアクティブ化する理由は次のとおりです。

ステージング済みソフトウェアをアクティブ化するには、[アップグレード センター] > [ステージング済みOSソフトウェアのアクティブ化]を選択します。

健全性チェック

健全性チェックはアップグレード プロセスの一環として実行されますが、開始前に別途実行することもできます([アップグレード センター] > [アップグレード前の健全性チェック]を選択)。

健全性チェックでは、ストレージ システムのすべてのコンポーネントについて、アップグレードを実行できる状態であるかがチェックされます。次の状況に該当する場合、アップグレードを実行できないことがあります。