手順 2 : CSR ファイルを送信する

Certificate Signing Request ( CSR ;証明書署名要求)ファイルを作成したら、そのファイルを Certificate Authority ( CA ;認証局)に送信します。

開始する前に

タスク概要

このタスク Unified Manager では、生成された CSR ファイルを CA に送信し、 Unified Manager と Web Services Proxy をホストするシステムの署名入りの管理証明書を受け取ります。

E シリーズシステムには、署名済み証明書用の PEM 形式( Base64 ASCII エンコード)が必要です。これには、 .pem 、 .crt 、 .cer 、 .key のいずれかのファイルタイプが含まれます。

手順

  1. ダウンロードした CSR ファイルの場所を確認します。
    ダウンロード フォルダの場所は、ブラウザによって異なります。
  2. CSR ファイルを CA ( Verisign や DigiCert など)に送信し、 PEM 形式の署名付き証明書を要求します。
    注意:
    CSR ファイルを CA に送信したあとは、別の CSR ファイルを再生成しないでください。CSR を生成すると、システムによって秘密鍵と公開鍵のペアが作成されます。公開鍵は CSR の一部であり、秘密鍵はシステムのキーストアに保持されます。署名済み証明書を受け取ってインポートすると、秘密鍵と公開鍵の両方が元のペアになります。キーが一致しないと署名済み証明書は機能せず、 CA に新しい証明書を要求する必要があります。

終了後の操作

CA から返された署名済み証明書については 手順 3 :管理証明書をインポートする、を参照してください。