ミラーリングに関する用語

ストレージ アレイに関連するミラーリングの用語を次に示します。

用語

説明

ローカル ストレージ アレイ

ローカル ストレージ アレイは、操作の対象となるストレージ アレイです。

ミラー整合性グループ

ミラー整合性グループは、1つ以上のミラー ペアのコンテナです。非同期ミラーリング処理では、ミラー整合性グループを作成する必要があります。グループ内のすべてのミラー ペアが同時に再同期されるため、一貫したリカバリ ポイントが維持されます。

同期ミラーリングではミラー整合性グループを使用しません。

ミラー ペア

ミラー ペアは、プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの2つのボリュームで構成されます。

非同期ミラーリングでは、ミラー ペアは必ずミラー整合性グループに属します。書き込み処理はまずプライマリ ボリュームに対して実行され、その後セカンダリ ボリュームにレプリケートされます。ミラー整合性グループ内の各ミラー ペアには同じ同期設定が適用されます。

プライマリ ボリューム

ミラー ペアのプライマリ ボリュームは、ミラーリングするソース ボリュームです。

リモート ストレージ アレイ

通常はリモート ストレージ アレイがセカンダリ サイトで、ミラーリング構成においてデータのレプリカが格納されます。

リザーブ容量

リザーブ容量は、コピー サービス処理やストレージ オブジェクトに使用される物理割り当て容量です。ホストから直接読み取ることはできません。

ミラーリングの動作状態を維持するために必要な情報をコントローラが永続的に保存できるようにするには、これらのボリュームが必要です。これらのボリュームには、差分ログやcopy-on-writeデータなどの情報が格納されます。

セカンダリ ボリューム

ミラー ペアのセカンダリ ボリュームは通常はセカンダリ サイトに配置され、データのレプリカが格納されます。

同期

同期は、ローカル ストレージ アレイとリモート ストレージ アレイの間の初期同期で実行されます。また、通信が中断されてプライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームが同期されていない状態になったときにも実行されます。通信リンクが再確立されると、レプリケートされていないデータがセカンダリ ボリュームのストレージ アレイに同期されます。