SANtricity OSのアップグレード

ストレージ アレイのソフトウェアとNVSRAMをアップグレードして、最新の機能とバグ修正をすべて適用します。コントローラNVSRAMは、コントローラのデフォルト設定を指定するコントローラ ファイルです。

開始する前に

  • 最新のSANtricity OSファイルは、SANtricity Web Services ProxyとUnified Managerが実行されているホスト システムにあります。
  • ソフトウェアのアップグレードをすぐにアクティブ化するかあとでアクティブ化するかを決めておきます。

    あとでアクティブ化する理由は次のとおりです。

    • 時間帯 – ソフトウェアのアクティブ化には時間がかかることがあるため、I/O負荷の低い時間帯に実行できます。アクティブ化の際にはコントローラがフェイルオーバーするため、アップグレードが完了するまではパフォーマンスが通常よりも低下する可能性があります。
    • パッケージのタイプ – 新しいOSソフトウェアを1つのストレージ アレイでテストしてから、他のストレージ アレイでファイルをアップグレードできます。

タスク概要

重要: データ損失のリスク、ストレージ アレイの損傷のリスク - アップグレードの実行中にストレージ アレイに対する変更を行わないでください。ストレージ アレイへの電源を維持してください。

手順

  1. ストレージ アレイにコントローラが1台しかない場合やマルチパス ドライバがインストールされていない場合は、アプリケーション エラーを防ぐためにストレージ アレイに対するI/Oアクティビティを停止します。ストレージ アレイにコントローラが2台あり、マルチパス ドライバがインストールされている場合は、I/Oアクティビティを停止する必要はありません。
  2. メイン ビューから[管理]を選択し、アップグレードする1つまたは複数のストレージ アレイを選択します。
  3. [アップグレード センター] > [SANtricity OSソフトウェアのアップグレード]を選択します。

    [SANtricity OSソフトウェアのアップグレード]ページが表示されます。

  4. サポート サイトからローカル マシンに最新のSANtricity OSソフトウェア パッケージをダウンロードします。
    1. [ソフトウェア リポジトリに新しいファイルを追加]をクリックします。
    2. 最新のSANtricity OSのダウンロードを検索するためのリンクをクリックします。
    3. [最新リリースのダウンロード]リンクをクリックします。
    4. 以降の手順に従って、SANtricity OSファイルとNVSRAMファイルをローカル マシンにダウンロードします。
    注: バージョン8.42以降のデジタル署名されたファームウェアが必要です。署名のないファームウェアをダウンロードしようとすると、エラーが表示されてダウンロードが中止されます。
  5. コントローラのアップグレードに使用するOSソフトウェア ファイルとNVSRAMファイルを選択します。
    1. [SANtricity OSソフトウェア ファイルを選択]ドロップダウンで、ローカル マシンにダウンロードしたOSファイルを選択します。

      使用可能なファイルが複数ある場合は、日付が新しい順にファイルがソートされます。

      注: ソフトウェア リポジトリには、Webサービス プロキシに関連付けられているすべてのソフトウェア ファイルが表示されます。使用するファイルが表示されない場合は、[ソフトウェア リポジトリに新しいファイルを追加]リンクをクリックし、追加するOSファイルが格納されている場所を参照できます。
    2. [NVSRAMファイルを選択]ドロップダウンで、使用するコントローラ ファイルを選択します。

      ファイルが複数ある場合は、日付が新しい順にファイルがソートされます。

  6. [互換性があるストレージ アレイ]の表で、選択したOSソフトウェア ファイルと互換性があるストレージ アレイを確認し、アップグレードするアレイを選択します。
    • [互換性があるストレージ アレイ]の表では、[管理]ビューで選択したストレージ アレイのうち、選択したファームウェア ファイルと互換性があるアレイがデフォルトで選択されます。
    • [互換性があるストレージ アレイ]の表では、選択したファームウェア ファイルで更新できないストレージ アレイについては選択できない状態になり、ステータスが[互換性なし]と表示されます。
  7. (オプション)ソフトウェア ファイルをアクティブ化せずにストレージ アレイに転送する場合は、[OS ソフトウェアをストレージ アレイに転送してステージング済みとマークし、あとでアクティブ化します]チェック ボックスを選択します。
  8. [開始]をクリックします。
  9. すぐにアクティブ化するかあとでアクティブ化するかに応じて、次のいずれかを実行します。
    • アップグレード対象として選択したアレイに推奨バージョンのOSソフトウェアを転送する場合は、確認のために「TRANSFER」と入力し、[転送]をクリックします。

      転送したソフトウェアをアクティブ化するには、[アップグレード センター] > [ステージング済みOSソフトウェアのアクティブ化]を選択します。

    • アップグレード対象として選択したアレイに推奨バージョンのOSソフトウェアを転送してアクティブ化する場合は、確認のために「UPGRADE」と入力し、[アップグレード]をクリックします。

      アップグレード対象として選択した各ストレージ アレイにソフトウェア ファイルが転送され、ストレージ アレイがリブートされてファイルがアクティブ化されます。

    アップグレード処理では、次の処理が実行されます。

    • アップグレード プロセスの一環として、アップグレード前の健全性チェックが実行されます。アップグレード前の健全性チェックでは、ストレージ アレイのすべてのコンポーネントについて、アップグレードを実行できる状態であるかがチェックされます。
    • いずれかの健全性チェックでストレージ アレイに問題が見つかった場合、アップグレードが停止します。省略記号(...)をクリックして[ログの保存]を選択すると、エラーを確認することができます。健全性チェックのエラーを無視し、[続行]をクリックしてアップグレードを続行することもできます。
    • アップグレード前の健全性チェックのあとに、アップグレード処理をキャンセルすることができます。
  10. (オプション)アップグレードの完了後、省略記号(...)をクリックして[ログの保存]を選択すると、特定のストレージ アレイについてのアップグレード状況のリストを確認できます。

    ブラウザのDownloadsフォルダに、upgrade_log-<date>.jsonという名前でファイルが保存されます。