導入後のタスクの実行

使用しているノードのタイプによっては、ハードウェアを設置してNetApp HCIを設定したあとで、追加の手順を実行する必要があります。

手順

  1. 設置したノードのタイプに応じて、以下に記載する導入後のタスクを実行します。
    ノード タイプ 手順
    H610C
    1. 設置した各H610Cノード用のGPUドライバをESXiにインストールし、その機能を検証します。

    NetApp HCI 1.7導入ガイド

    H615C
    1. Webブラウザを使用して、BMCのデフォルトのIPアドレス(192.168.0.120)にアクセスします。
    2. 次のデフォルト クレデンシャルを使用してログインします。ユーザ名:root、パスワード:calvin
    3. ノード管理画面で、[Settings] > [Network Settings]に移動して、アウトオブバンド管理ポートのネットワーク パラメータを設定します。

    H615CノードにGPUが搭載されている場合は、設置したH615CノードごとにESXiにGPUドライバをインストールし、その機能を検証します。

    NetApp HCI 1.7導入ガイド

    H610S
    1. Webブラウザを使用して、BMCのデフォルトのIPアドレス(192.168.0.120)にアクセスします。
    2. 次のデフォルト クレデンシャルを使用してログインします。ユーザ名:root、パスワード:calvin
    3. ノード管理画面で、[Settings] > [Network Settings]に移動して、アウトオブバンド管理ポートのネットワーク パラメータを設定します。
    H610SでBMCにアクセスしてIPアドレスを変更する方法(ログインが必要)