プロキシ サーバの設定

クラスタがプロキシ サーバの背後にある場合、パブリック ネットワークに接続できるようにプロキシを設定する必要があります。プロキシ サーバは、テレメトリ コレクタとリバース トンネル接続に使用されます。インストールまたはアップグレード時にプロキシ サーバを設定しなかった場合は、REST API UIを使用してプロキシ サーバを有効にして設定することができます。既存のプロキシ サーバ設定を変更したり、プロキシ サーバを無効にしたりすることもできます。

開始する前に

タスク概要

このコマンドは管理ノードのプロキシ設定を更新し、現在の設定を返します。プロキシ設定は、Active IQ、NetApp Deployment Engineによって導入されたNetApp HCI監視サービス、および管理ノードにインストールされたその他のElementソフトウェア ユーティリティ(ネットアップ サポート用のリバース サポート トンネルを含む)で使用されます。

手順

  1. 管理ノードでREST API UIを開きます。https://[management node IP]/mnode
  2. [Authorize]をクリックし、クレデンシャルを送信してログインします。
    注:または、任意のサービスAPIの横にあるロック アイコンをクリックして承認することもできます。
  3. [PUT /settings]をクリックします。
  4. [Try it out]をクリックします。
  5. プロキシ サーバを有効にするには、"use_proxy"trueに設定する必要があります。IPまたはホスト名およびプロキシ ポートの接続先を入力します。プロキシ ユーザ名、プロキシ パスワード、およびSSHポートはオプションです。使用しない場合は省略してください。
    {
        "proxy_ip_or_hostname": "[IP or name]",
        "use_proxy": [true/false],
        "proxy_username": "[username]",
        "proxy_password": "[password]",
        "proxy_port": [port value],
        "proxy_ssh_port": [port value: default is 443]
    }
  6. [Execute]をクリックします。