管理ノードのネットワーク設定

管理ノードのノードUIの[Network Settings]タブでは、管理ノードのネットワーク インターフェイスに関するフィールドを変更できます。

Method
インターフェイスの設定に使用する方法。有効な方法は次のとおりです。
  • loopback:IPv4ループバック インターフェイスを定義する場合に使用します。
  • manual:デフォルトの設定がないインターフェイスを定義する場合に使用します。
  • dhcp:DHCP経由でIPアドレスを取得する場合に使用します。
  • static:IPv4アドレスが静的に割り当てられたイーサネット インターフェイスを定義する場合に使用します。
Link Speed
仮想NICによってネゴシエートされた速度。
IPv4 Address
eth0ネットワークのIPv4アドレス。
IPv4 Subnet Mask
IPv4ネットワークのアドレス分割。
IPv4 Gateway Address
ローカル ネットワークの外部にパケットを送信するためのルータのネットワーク アドレス。
IPv6 Address
eth0ネットワークのIPv6アドレス。
注意:この機能は、Elementソフトウェア11.3の管理ノードではサポートされません。
IPv6 Gateway Address
ローカル ネットワークの外部にパケットを送信するためのルータのネットワーク アドレス。
注意:この機能は、Elementソフトウェア11.3の管理ノードではサポートされません。
MTU
ネットワーク プロトコルで送信可能な最大パケット サイズ。1500以上にする必要があります。2つ目のストレージNICを追加する場合は、値を9000にする必要があります。
DNS Servers
クラスタ通信に使用するネットワーク インターフェイス。
Search Domains
システムで利用可能な追加のMACアドレスの検索。
Status
有効な値は次のとおりです。
  • UpAndRunning
  • Down
  • Up
Routes
特定のホストまたはネットワークへの静的ルート(ルートに設定されているインターフェイス経由)。