NetApp HCIのシステム アラート

管理ノードでWeb UIの[Alert Monitor]タブを使用すると、システム テストを実行し、NetApp HCI監視サーバを設定することができます。

アラート監視設定には、次のように管理ノードのIPアドレスを指定してアクセスします。
https://<IP address>:442

VMware vCenter Alert Monitor

次の表に、アラート監視機能の設定オプションを示します。

オプション 説明
Run Alert Monitor Tests 監視システム テストを実行して次の項目を確認します。
  • NetApp HCIとVMware vCenterの接続
  • QoSSIOCサービスが提供するデータストア情報を使用したNetApp HCIとVMware vCenterのペアリング
  • 現在のNetApp HCIアラームとvCenterアラームのリスト
Collect Alerts NetApp HCIストレージ アラームのvCenterへの転送を有効または無効にします。ドロップダウン リストからターゲットのストレージ クラスタを選択できます。このオプションのデフォルト設定は[Enabled]です。
Collect Best Practice Alerts NetApp HCIストレージのベストプラクティス アラートのvCenterへの転送を有効または無効にします。ベストプラクティス アラートは、最適化されていないシステム構成によってトリガーされる障害です。このオプションのデフォルト設定は[Disabled]です。[Disabled]の場合、NetApp HCIストレージのベストプラクティス アラートはvCenterに表示されません。
Send Support Data To AIQ VMware vCenterからNetApp SolidFire Active IQへのサポート データと監視データのフローを制御します。
  • Enabled:vCenterアラーム、NetApp HCIストレージ アラーム、およびサポート データがすべてNetApp SolidFire Active IQに送信されます。ネットアップによるNetApp HCIインストールのプロアクティブなサポートと監視が可能となるため、システムが影響を受ける前に問題を検出して解決できます。
  • Disabled:vCenterアラーム、NetApp HCIストレージ アラーム、サポート データはいずれもNetApp SolidFire Active IQに送信されません。
    注:NetApp HCIでは、NetApp Deployment Engineを使用して[Send data to AIQ]オプションを無効にした場合、このページからサービスを設定するためには管理ノードREST APIを使用してテレメトリを再度有効にする必要があります。
Send Compute Node Data To AIQ コンピューティング ノードからNetApp SolidFire Active IQへのサポート データと監視データのフローを制御します。
  • Enabled:コンピューティング ノードに関するサポート データと監視データがNetApp SolidFire Active IQに転送されるため、コンピューティング ノードのハードウェアをプロアクティブにサポートできます。
  • Disabled:コンピューティング ノードに関するサポート データと監視データはNetApp SolidFire Active IQに転送されません。
    注:NetApp HCIでは、NetApp Deployment Engineを使用して[Send data to AIQ]オプションを無効にした場合、このページからサービスを設定するためには管理ノードREST APIを使用してテレメトリを再度有効にする必要があります。