管理ノードへのアセットの追加

REST API UIを使用して、ストレージ、コンピューティング、およびその他のアセットを管理ノードの構成に追加できます。アセットの追加は、環境を拡張したあとに、新しいアセットが構成に自動的に追加されなかった場合などに必要になります。これらのAPIを使用して、最近追加されたアセットを環境に追加します。

開始する前に

手順

  1. 管理ノードでREST API UIを開きます。https://[management node IP]/mnode
  2. [Authorize]または鍵のアイコンをクリックし、次の手順を実行します。
    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。
    2. mnode-clientの値がまだ入力されていない場合は、クライアントIDを入力します。
    3. トークンのURL文字列をコピーし、別のブラウザ タブに貼り付けてトークン要求を開始します。
    4. [Authorize]をクリックしてセッションを開始します。
  3. 次のいずれかをクリックして、既存のベース アセットにサブアセットを追加します。
    注:インストール環境には、インストール時またはアップグレード時に作成されたベース アセットの構成が含まれています。
    オプション 説明
    POST /assets/{asset_id}/controllers コントローラ サブアセットを作成する場合は、このコマンドを実行します。
    POST /assets/{asset_id}/ots ONTAP Selectサブアセットを作成する場合は、このコマンドを実行します。
    POST /assets/{asset_id}/storage-clusters ストレージ クラスタ サブアセットを作成する場合は、このコマンドを実行します。
    注:このPOSTコマンドを実行したあと、POST /assets/{asset_id}/storage-clusters/{storage_id}/registerを使用してストレージ アセットの登録も行う必要があります。
    POST /assets/{asset_id}/compute-nodes コンピューティング ノード サブアセットを作成する場合は、このコマンドを実行します。
  4. [Try it out]をクリックします。
  5. [Model]タブに定義されている必要なペイロードの値を入力します。
  6. [asset_id]フィールドに親ベース アセットのIDを入力します。
  7. [Execute]をクリックします。