管理サービスからのログの取得

REST APIを使用して、管理ノードで実行されているサービスからログを取得できます。すべてのパブリック サービスからログを取得したり、特定のサービスを指定したりできます。また、クエリ パラメータを使用して、取得する内容を細かく絞り込むこともできます。

開始する前に

手順

  1. 管理ノードで REST API UI を開きます。 https://[management node IP]/mnode
  2. Authorizeをクリックするか、ロックアイコンをクリックして、次の手順を実行します。
    1. クラスタのユーザ名とパスワードを入力します。
    2. mnode-clientの値がまだ入力されていない場合は、クライアントIDを入力します。
    3. Authorizeクリックするとセッションが開始されます。
  3. GET /logsをクリックします。
  4. Try it outをクリックします。
  5. 次のパラメータを指定します。
    • Lines:ログから取得する行数を入力します。このパラメータは整数で、デフォルト値は1000です。
      ヒント: Linesを0に設定すると過去のログ コンテンツがすべて取得されるので、注意してください。
    • service-name:サービス名を入力します。
      ヒント: 管理ノード上のサービスを表示するには、GET /servicesコマンドを使用します。
    • type:取得するログ タイプを選択します。
      1. service:実行中の通常のパブリック サービスから取得します。これがデフォルトであり、最も一般的なオプションです。
      2. syslog:ホスト マシンのすべてのsyslogから取得します。
      3. all:すべてのパブリック サービスとsyslogから取得します。
    • since:サービス ログの開始日時をISO-8601タイムスタンプで追加します。
      ヒント: 長期間のログを収集する場合は、sinceパラメータに適切な値を指定してください。
    • archived:ログ要求にアーカイブ ファイルを追加します。
  6. Executeをクリックします。