ネットワーク トポロジの選択

NetApp HCIノードのケーブル配線にはいくつかのオプションがあり、ニーズに応じて異なるネットワーク ケーブル構成を使用することができます。コンピューティング ノードについては、6つのすべてのネットワーク ポートを使用して各ポート ペアに異なるタイプのトラフィックを割り当てる方法と、2つのポートを使用してすべてのタイプのトラフィックを同じポートに割り当てる方法があります。ストレージ ノードでは標準的なケーブル4本の構成を使用します。選択した構成に応じて、インベントリでどのコンピューティング ノードを選択できるかが決定します。

開始する前に

コンピューティング ノードにケーブル2本のネットワーク トポロジを使用する場合は、次の要件を考慮してください。

手順

  1. [Network Topology]ページで、NetApp HCIのコンピューティング ノードの設置方法に適したコンピューティング ノード トポロジを選択します。
    • 6 Cable Option:トラフィックのタイプ(管理、仮想マシン、およびストレージ)ごとに専用のポートを使用します。
    • 2 Cable Option:管理、仮想マシン、およびストレージのトラフィックを2つのボンディング ポートに統合します。
  2. オプション: [6 Cable Option]を選択した場合は、オプションでvSphere Distributed Switch(VDS)を有効にできます。
    VDSを選択すると、分散スイッチが構成され、NetApp HCIの導入完了後に仮想マシンのネットワーク構成を簡単かつ一元的に管理できるようになります。このオプションを選択する場合は、導入後に適用するvSphere Enterprise Plusライセンスが必要です。ケーブル2本のオプションではVDSは必須で、自動的に有効になります。
  3. 必須: 設定が終わったら、[Continue]をクリックします。