NetApp HCIの概要

NetApp HCIはストレージ リソースとコンピューティング リソースの両方を提供し、この2つを組み合わせてNetApp Elementソフトウェアの機能を基盤とするVMware vSphere環境を構築します。ネットアップ データ ファブリックでNetApp HCIを他の製品とシームレスに統合することで、データセンター向けの包括的なソリューションを作成できます。

NetApp HCIの導入が完了すると、VMware vSphere Web Clientでシステムを管理できるようになります。データストア、ボリューム、サービス品質(QoS)、ストレージ クラスタ コンポーネント、およびデータ保護などのストレージ リソースの管理には、NetApp Element Plug-in for vCenter Server(vCenter Plug-inまたはVCPとも呼ばれる)を使用します。コンピューティング ノードはESXiホストとして表示され、vSphereで管理できます。

NetApp HCIのイベントと障害は、vSphereでシステム アラームとして報告されます。コンピューティング ノードを監視する管理ノードは、導入後にクラスタ内の仮想マシンとして表示されます。ストレージとコンピューティングの監視データはすべてNetApp Active IQで収集することができます。NetApp Active IQは、NetApp HCIシステムをリアルタイムで監視します。

このガイドでは、NetApp HCIとそのアーキテクチャについて概説し、環境で導入を準備するために必要な情報、および導入を実行するために必要な情報を提供します。また、システムを最大限に活用できるように、ネットワークとスイッチの設定に関するベストプラクティスを示します。このガイドを利用することで、ラックに設置されて電力が供給されているNetApp HCIシステムを、NetApp Deployment Engineを使用して迅速に導入、設定できます。

次の図は、NetApp HCIを導入するための基本的な手順を示しています。


この図には説明が付随しています。