必要なネットワーク セグメント

NetApp HCIには、 管理トラフィック、ストレージ トラフィック、および仮想化トラフィック(仮想マシンとvMotionのトラフィックを含む)の少なくとも3つのネットワーク セグメントが必要です。仮想マシンとvMotionのトラフィックを分けることもできます。これらのネットワーク セグメントは、通常、NetApp HCIネットワーク インフラ内で論理的に分離されたVLANとして存在します。

これらのネットワークにコンピューティング ノードとストレージ ノードを接続する方法は、ネットワークをどう設計するか、およびノード間をどのようにケーブル接続するかによって異なります。このガイドで使用するネットワーク図は、次のネットワークに基づいています。

ネットワーク名 VLAN ID
管理 100
ストレージ 105
vMotion 107
仮想マシン 200, 201

NetApp HCIノードで使用されるすべてのスイッチ ポートに、ネイティブVLANとして使用可能なネットワーク セグメントを設定することを推奨します。これにより、自動での検出および設定が可能になります。このガイドのネットワーク構成例では、この目的で管理ネットワーク(VLAN ID 100)を共有しています。

NetApp Deployment Engineを使用すると、初期導入時にコンピューティング ノードとストレージ ノードのネットワークを簡単に設定できます。vCenterや管理ノードなどの一部の組み込みの管理コンポーネントは、必要に応じて専用のネットワーク セグメントに配置することができます。これらのネットワーク セグメントには、vCenterや管理ノードがストレージおよびコンピューティングの管理ネットワークと通信できるようにするためのルーティングが必要です。ほとんどの環境では、これらのコンポーネントは同じ管理ネットワーク(この例ではVLAN ID 100)を使用します。

注:仮想マシンのネットワークはvCenterを使用して設定します。NetApp HCI環境のデフォルトの仮想マシン ネットワークは、vMotionネットワークと同じノード ポートとネイティブVLANを使用します。複数の仮想マシン ネットワークをタグ付けして使用する予定の場合は、必ず初期のネットワーク計画にそれらを含めるようにしてください。